デジタル記録装置

積んであるゲーム、本、漫画と見たいアニメ、映画を消化していくメモ張のようなものです。 

2017年6月 雑記

個人的な2017年6月振り返りです。

 

・ゲームに関して

6月はE3SteamサマーセールミニSFCの3つ

個人的には任天堂スイッチが買えたことですね。

 

E32017

www.e3expo.com

まずマイクロソフトxbox one xという水冷の変態据置機を発表しました。

見た瞬間「これPCでよくない?」と思ったのは正直なところ…

PS4とどう戦っていくのか…今後も楽しみ。

そしてその後のANTHEMの映像が綺麗すぎた。

横に広いオープンワールドではなく、縦にも広いオープンワールド

自由時自在に動き回っていたのでより広さを感じられた。

背景の情報量もケタ違いで興奮しっぱなしでしたね…coopもよい…。

アサクリのエジプトも気になった…

 

ベセスダはDOOMVRやFallout4VRでVRに力入れてるなと思いました。

ウルフェンシュタイン2やサイコブレイク2と続編ラッシュ。

ただ期待のTES6やFallout5は来なかった。

 

PS4カンファは日本でも盛り上がった。トレンドにはモンハンがトップに出ていて、

久しぶりのSONY据置機モンハンだし、期待するよね…。

ワンダ、アンチャ、HORIZONのDLCGod of warDetroit、スパイダーマン

スパイダーマンのモーションがすごくて、映画を見ているような…

これ操作できるの?と驚きっぱなしでした。

作業にならずにどの程度自由に動けるかが重要かな。

 

任天堂カンファはE3で最もサプライズだった感じがします。

 メトロイドプライム4の盛り上がりは凄かったし、

まさかのポケモン新作開発中、カービィ新作とワクワクでした。

マリオオデッセイも新たな機能が明かされゲーム性が見えてきたし、

発売日も意外と早かった。

ツリーでまさかのメトロイドリメイク発表ですし、濃厚だった…

 

やっぱりゲームの新作発表は興奮しますね。買いたくなってくる。

 

Steamサマーセール

年に数回のヒャッハー!祭

金欠で思ったより積めなかった…。

今回買ったのはは安めのゲームが多め。

↓ 以下購入したゲーム

Dreamcast Collection

Left 4 Dead 2

Mountain

Trine 2: Complete Story

Radical Spectrum: Volume 1 

WayOut

LYNE

Hexcells
Crypt of the NecroDancer
Rabi-Ribi
Zup!
Zup! 2
Zup! 3
Zup! 4
Zup! Zero
Zup! 5
Oik
Oik 2
Hylics
Opposing Force
Half-Life: Blue Shift
Half-Life 1: Source
Half-Life 2: Episode One
Half-Life 2: Episode Two
Material Girl
Dragonia
Montaro
Hidden Folks
hocus
Project LUX
SUPERHOT VR
PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS
HoloBall
Terraria

山を眺めて過ごすんだ……。

圧倒的パズルゲーの多さ。

割と買ってるように見える不思議。

VRタイトル買えたのは大きい(その分VRタイトルで金飛んでるんだけど)
 

ミニSFC

www.nintendo.co.jp

収録タイトルの半分くらいは持っていない。

何といっても今まで世に出てこなかった『Starfox2』ができるのはここだけ

と言うので買うしかない。

ファンにとってはたまらないですね(Starfoxやったことないのでこれを機にやってみたい。)

予約開始は…まだ時間かかりそうですかね?

 

 

任天堂スイッチを購入 

 

任天堂スイッチをARMS発売日に狙いをつけ、5店舗くらい周りなんとか買いました。

これが、達成感…。

まだソフトを買っていないので、ゼルダ買いたいですね。

スプラ2は予約済みです。

 

FGO

 FGO10連一発で来ましたよ。

やったぜ。

アガルタもぼちぼちやっています。

今回は結構エグイ描写あっていいですね。

 

 

・アニメに関して

今季もあんまり見れてない…

とりあえず6月中に完走できたのがエロマンガ先生とFAGの2作。

 

エロマンガ先生

eromanga-sensei.com

血のつながっていない妹とイチャコラしたり、エルフ先生が金髪可愛かったり、ムラマサ先輩がデレテいく、ラノベ原作アニメ。

エロマンガ先生は原作4巻まで購入。

俺妹は原作飛び飛びですが読んでいてアニメは全部視聴済みですが、

俺妹にあった(いい意味でも悪い意味でも)トゲトゲした部分が、

エロマンガ先生では消化されていて全体的に優等生というか、安心感がありました。

 

エロマンガ先生の良かったところ

前作俺妹の登場人物が出てきた。

前作や別作品の登場人物が登場するのが本当好きなんですよね。

演出の仕方も上手で、8話だと

最初黒猫の顔は映さず、黒猫の妹のインタビュー→黒猫へという持って行き方。

いいじらし方。

11話では正宗がタブレット(砂霧)と秋葉を歩いていく中、俺妹のキャラが続々登場する。

あのシーンによって、エロマンガ先生の物語だけではなく、俺妹の登場人物たちの物語もまだ続いているんだよ。と認識させられた。

作品が終わっても、その「世界」は続いていて、「ない」のではなく「ある」のだ。

別作品のキャラが出ることで世界の繋がりと広さを感じられるので、最高。

 

キャラの細かい動作や仕草の「らしさ(フェチズム)」とアングルや構図、作画、動画への徹底したこだわりは見ていて楽しかったし、感動したし、最高だった。

あとツイッターで制作現場とかスタッフ陣の様子を見ることができ、

こだわりを持って作られている事が伝わってきたのでそれ込みで楽しめたし、

アニメーターさんってすごいな…神…てなった。

 

フレームアームズ・ガール

fagirl.com

主人公が、ある日自宅に届いたフレームアームズ・ガールをバトルさせるバイトでお金を稼いでいく物語。

主人公とフレームアームズ・ガール達のバトルあり笑いありの日常物語。

FAG(フレームアームズ・ガール)は毎回面白く安定して見れましたね。

FAガールはCGで、あおやブキ子たち人は手書きで描かれている。

FAガールはプラモなためCGの使い方がぴったりはまっており、違和感は一切なく思えた。

あとOPに関しては8話から手書きになるという…初見のインパクトは凄まじかった。

SIROBAKOでもテーマの1つになった手書きとCGの在り方に対して、

FAGは1つの答えを提示している作品だと思った。

それぞれの「らしさ」が生き生きとしており、手書きは学校回やお出かけ回、

CGは最終回のダンスや戦闘シーンでとても良さが発揮されており、そして上手く調和していた。

 

途中で止まっているのが、進撃二期、遊戯王VR、サクラクエストひなこのーと、ろくでなし魔術講師…

見たいのはもっとたくさんありますが。

 

 

 ・漫画・本に関して

今月はあまり読めてない。

わかば*ガール (まんがタイムKRコミックス)
 

アニメ版わかばガールは視聴済み。

原悠衣先生の画集でわかばガールのイラストを見て気になっていたので原作も買いました。

原悠衣先生のきんいろモザイクのアニメと原作は全部見ています。

わかばガールを読んで改めて思ったんですけど、原悠衣先生はキャラクターの設定と比率が上手いんですよね。黄金比というか、どのキャラと絡ませても面白い。

キャラクターの比率とか性格とか、きんいろモザイクと共通する点があったり。

話自体は1年間できれいにまとまっていますが、やっぱりもっと見たいですね…。

2年生3年生で描きたかった話はきんいろモザイクの方で描かれていると思うので、

きんいろモザイクに期待しています。

あと、7月27日きんいろモザイク8巻が発売なので楽しみです。

 

のんのんびより 11巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

のんのんびより 11巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

 

まさかの新キャラといつも通りの日常回。

11巻ではこのみの吹奏楽部の後輩、篠田あかねが登場します。

少しスパイスを入れてきたかなと思いきや、いつも通りののんのんびよりです。

個人的にはひか姉の過去話が一番好きです。

 

第2世代のフレンズたちの第2巻です。

アニメやアプリとはテイストが違いますが、フライ先生の良さが濃縮されています。

世界観的には割と高度な文明技術の中にフレンズたちは居て、

どうしたらアニメの第3世代につながるんだと突っ込みが入るのですが、

けものフレンズの世界を知っておく為にぜひ読んでおきましょう。

 

 1巻の話を忘れてしまった…。

とにかく一方通行は強い。やっぱり強い。

なかなか話が進まないので一気読みしたい漫画。

 

7月

7月はとにかくスプラトゥーンが楽しみ。

ドラゴンクエスト11など期待作も控えているので、どんどん積みゲーを崩していかないと。

夏アニメも始まるし、時間なさすぎる。