デジタル記録装置

積んであるゲーム、本、漫画と見たいアニメ、映画を消化していくメモ張のようなものです。 

【アニメ感想10】からかい上手の高木さん

・前書き

話数 視聴場所
12話 Netflix

f:id:NDNDDDr:20180523002929j:plain
(C)2018 山本崇一朗小学館からかい上手の高木さん製作委員会

takagi3.me


原作漫画未読
スピンオフ漫画未読

・ストーリー、構成

西片が高木さんにちょっかいだして、逆にからかわれ(以下ループ)といった感じ。
1話に短編が3~6つで構成されている。
3話くらいから学校外のエピソードが増えて面白くなっていった印象です。
最終話はいつも通りかつ少しだけ変化があったので、アニメの終着点として良い落としどころだったなと思いました。

・世界観、雰囲気

結構田舎だった印象。香川県の小豆島が聖地らしい。
少し懐かしいような古めかしい平和な雰囲気。

・キャラクター、作画

作画は原作準拠で非常に安定していた。
最初は西片が子供っぽすぎるなーと思っていましたが、高木さん視点で見始めてからこいつもしやツンデレ系男子では???と気づき楽しめました。
西片や高木さんだけではなく、ちょいちょい周りのキャラクターも絡んでくるので、2人だけの世界にならず程よい狭さだと思った。

・OP、ED、劇中歌、BGM

OPのテンポよさ…よい……。
EDでいきものがたりの「気まぐれロマンティック」が流れた時は驚きました。
元々はドラマの主題歌ですが、いきものがたりの中でも好きな曲なので、アニソンとして流れたのが逆に新鮮でした。

・学んだこと、共感したところ、思ったこと、面白かったこと。

初め第三(カメラ)視点で、次に西片視点で見ていたがあまり楽しめなかったが、高木さん視点で見始めたら面白いと思ったので、やはり作品を見るときの視点は大事だと感じました。

・後書き

原作は未読ですが、安定の漫画原作のアニメ化だと思います。
頭を空にして見れるのでキャラクターが好きな人や日常系が好きな人におすすめです。
でもこれ系はコメ付きで見たかったかなあ…。
タイムシフトなしは残念だった……。