デジタル記録装置

積んであるゲーム、本、漫画と見たいアニメ、映画を消化する。時間が足りない。

【ゲーム軽めの感想】ZONE OF THE ENDERS : M∀RS (Steam) VRモードでストーリークリアまで

機種 プレイ時間 備考 クリア日時
Steam 約6時間30分 VRでストーリークリア(難易度ノーマル) 2018年11月30日

f:id:NDNDDDr:20190328104725j:plain

▶プレイ環境
Windows10/GTX1070/i7 6700
HTC VIVE/DUALSHOCK 4

本作プレイ時は
ZONE OF THE ENDERS (PS2)』ストーリークリア済み。
Z.O.E 2173 TESTAMENT 』未プレイ。
アニメ未視聴。

Z.O.Eシリーズの時系列
2167年 Z.O.E 2167 IDOLO (アニメ、OVA)
2172年 ZONE OF THE ENDERS (PS2、HD版PS3/360)
    Z.O.E Dolores, i (アニメ、全26話)
2173年 Z.O.E 2173 TESTAMENT (GBA)
2174年 ANUBIS ZONE OF THE ENDERS (PS2、HD版PS3/360、MARS(VR対応)PS4/Steam)

■良かった点

・コントローラーで直感的な操作ができる。
・前作にはなかったホーミングレーザーが便利。
・瞬間移動を駆使した、爽快感ある戦闘。
・豊富なマップ
・魅力的な世界感とキャラクター
立体視が活きるCGアニメパート
・前作とのつながりと壮大な話の1つの終着点。
・短時間でストーリークリアできる。
・有名なOP曲はもちろん、全体的に曲が良く世界観に合っている。

■微妙だった点

VRモードで後ろと下が見えない。
・ロボットに乗っている感はあまりない。


f:id:NDNDDDr:20190328110219j:plainf:id:NDNDDDr:20190328105759j:plain
f:id:NDNDDDr:20190328112018j:plainf:id:NDNDDDr:20190328111939j:plain

◇感想

Z.O.Eシリーズの時系列ラストを飾る作品。そして本作はVRと4Kに対応したリマスター版。
VRモードで機体を主観で操り、瞬間移動とホーミングレーザーを駆使した戦闘は爽快感ありすぎて脳汁出ます。ボス戦は非常に楽しい。ただし瞬間移動を繰り返すので、ロボットに乗っている感はあまりないです。感覚としては、テレポート能力者みたいな感じ。その分酔いも来ないという利点はあります。
操作性に難を感じている人を見かけますが、初見の方はVRでプレイする前に、前作をやっておくほうがいいかも。基本操作は前作と大して変わらないので。自分は前作をプレイした翌日に本作をプレイしました。操作性はコントローラーのVRロボット系ゲームのスタンダードになってほしいまである。
難点としては、VRモードで後ろと下が見えないこと。下に降りていくステージでは特に不便に感じた。バックモニター搭載したり、機体内を透視できれば良くなるかなと思う。
ストーリーの2Dアニメパートはモニターのように表示されますが、CGアニメパートは360°完全立体視で表示されるので没入感が凄い。内容は主人公もヒロインも敵キャラも魅力的ですし、笑える場面も熱い展開もあって面白かった。前作との繋がりもあります。5~6時間程度でクリアできるので、積みゲーマーにも優しい。
特に好きな曲を三つ選ぶなら、有名な主題歌「Beyond the Bounds」、戦艦ステージ「Air Fight」、ザカート戦「Zakat」、宇宙の浮遊感と幻想的な哀愁、OFのスピード感を感じます。
元々評価のよかった『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』ですが、VRとの相性は良く非常に面白いVRゲームでした。